浸け置きするだけで野菜の農薬が落とせるホタテパウダー

浸け置きするだけで野菜の農薬が落とせるホタテパウダー

無農薬野菜を使いたいけれど、高いし、売っていない

わたしは36歳、2人の子どもをそだてる主婦です。子どもが生まれてから、自分たちが食べるものに気を付けるようになりました。特に、サラダで食べるような野菜に関しては、無農薬野菜を使いたいと考えています。ですが、無農薬野菜は高いし、普通のスーパーでは売っていません。減農薬とうたっていても、どれほど残っているかは目で確認できないのか普通です。

農薬を落とすためにホタテパウダーを購入

そこでわたしが農薬を落とすのに利用したのが、ホタテのパウダーです。わたしが購入したのはほたて貝殻焼成パウダーという商品で、インターネットの通販で購入することができます(本当はホタテの力くんを買おうと思っていたのですが、ホタテの力が良くないという口コミを見たのでやめちゃいました)。値段は1kg1500円くらいでした。ホタテの貝殻パウダーを水に溶かすと強いアルカリ性の水になります。その水に野菜を浸けておくと、汚れと一緒に表面に残った農薬も取れるんです。最初に使ったときは、こんなに農薬が残っているのかと驚きましたし、今まで農薬にまみれた野菜を食べていたんだなと改めて怖さを感じました。

ホタテパウダーは、水1リットルくらいに対し大さじ3から4くらいのパウダーを入れるだけで使うことができます、わたしが使っているホタテパウダーは国産のもので、添加物も入っていないため、万が一野菜に残っていて口に入ったとしても安心です。
本当は自分たちで無農薬野菜を育てて食べるのが理想ですが、現状では時間もないし不可能です。できるだけお金をかけずに農薬を減らそうとしたときに、ホタテ貝殻パウダーは経済的でとても良いです。最近では野菜だけでなく、果物もホタテ貝殻パウダーを溶かした水で浸け置き洗いをしています。

浸け置きするだけで農薬を減らせる!

ホタテ貝殻パウダーを使い始めてからは、前ほど野菜を吟味しなくても良くなりました。ホタテ貝殻パウダーで浸け置きしておけば、農薬は減らせるという安心感があります。使い方も簡単だし、浸け置きするだけで良いので子育てをしているママ友にも積極的に勧めています。

基本的に満足しているのですが、ホタテ貝殻パウダーは野菜の内部に浸透した農薬に関しては落とすことができないので、野菜の中に浸透した農薬も落とすことができるものがあれば良いと感じます。それでも表面の農薬に気を付けるだけで、だいぶ違います。ホタテ貝殻パウダー自体が天然成分なので環境にも優しいのが、わたしが使い続ける理由でもあります。本来捨てられるホタテの貝殻を利用できますし、野菜の農薬を取る以外にも使えるので日々の生活の中でなくてはならないものになっています。