野菜の農薬を落とすには、とにかく流水で洗って皮を剥く

野菜の農薬を落とすには、とにかく流水で洗って皮を剥く

とにかく流水でよく洗って、できるだけ皮を剥く

とにかく水道水を流しながら流水でよく洗って、皮が剥けるものは剥くようにしています。

根菜類は水道水で洗った後に皮を剥くようにしています。その後に水道水で自分の手を洗ってから、もう一度しっかり水道水で洗うようにします。その際に野菜を手で持って擦るように洗っています。
農薬は表面に付いていると思うので、皮を剥いて、もう一度洗えば農薬を落とす効果はかなりあるかと思っています。

果菜類は水道水でよく洗っています。きゅうりやなすのようなしっかり固さがある野菜は、根菜類のように手で持って擦るように洗っています。めったにありませんが、国産で無く残留農薬がかなり心配な場合は皮も剥いてしまいます。トマトは水道水でよく洗った後に皮を剥いています。その方が食感も良いし、皮を剥いている分安心出来ると思っています。

イチゴは厄介です。市販で無農薬のものはまず出回っていませんが、擦ると潰れてしまうので流水で洗うしか出来ません。洗いすぎても味が落ちそうですし。出来るだけ信頼のおける生産者の物を買って、水を張ったボウルの中で優しく揺すって洗い、仕上げに水道水でさっと洗っています。

葉菜類は酢水に10分浸けてから流水洗い

葉菜類は1枚1枚葉を剥がして、水道水を張ったボウルに浸けるようにして洗っています。その際ボウルに大さじ1杯の酢を入れています。10分程浸けた後に水道水でよく洗い流すようにしています。

これは昔アルバイトをしていた飲食店で行っていたサラダ用の野菜の洗い方を参考に行っています。その時は大きなシンクで酢ではなく野菜用の洗剤を使って洗っていました。ですがいくら食用オッケーだといっても洗剤で野菜を洗うことに抵抗があるので家では酢にしています。

ただ酢は殺菌効果は良く効きますが、農薬についてはどれほど効くのかはよくわからず使っています。ですがインターネットで調べると酢で洗う方法も出てくるので、酢は安いし安全だしやらないよりはいいかと思ってやっています。

サラダで食べる場合はここまでですが、お浸しなどにする際は茹でることで更にゆで汁の方に農薬が溶け出して農薬除去が出来ていると思っています。

洗いにくいものはたっぷりのお湯で茹でる

ブロッコリーやカリフラワーのようなモコモコしている部分が洗いにくいものは水道水に浸けることはしていません。ざっと水道水で洗った後に、小房に切り分けた後でたっぷりのお湯で茹でるようにしています。こちらも茹でているうちにゆで汁に農薬が溶け出すと思っています。レンジ調理に比べて手間ですが、こちらの方が断然安心出来ます。

またネギは国産であれば流水でしっかり擦り洗いをします。中国産の場合は残留農薬が国産と比べられないくらい怖いので、勿体ないですが表面を1枚剥いてしまいます。