図書館で調べた野菜の農薬の落とし方、今後も流水洗いを続けます

図書館で調べた野菜の農薬の落とし方、今後も流水洗いを続けます

農薬は種類が多い!落とし方を図書館で調べてみた

用途としては害虫がつかなくするようなものから、野菜自体の病気を防ぐものなどで使用している農薬も、口に入っても問題がないとされるものから深刻な健康被害が報告されているものまで、とにかく種類が多すぎます。
多くの農薬に統一しているのは使用方法でした。
農薬は野菜が育っている間に外から散布使用するものが多いため、洗えば落ちるのではないかと考えました。

実際に調理を始めましたが、農薬は目に見えません。実際に落ちたかどうかも良く分からず、図書館などに行き、もう一度調べてみました。
すぐに影響はでなくても、体調に何かしら影響が出てからじゃ遅いと思ったからです。
細かく調べていくと、私のように農薬を何とか落とせないか考えている人もたくさんいました。
方法としては、下記のものが多くあがっていました。

重曹で洗う方法と、流水で洗う方法を試した!

農薬を落とす専用の洗剤で洗う。これは、費用もかかるし、口に入れても大丈夫といわれても「洗剤」という言葉が私の中では何だか不安で却下しました。
次に重曹で洗う方法です。これは手軽に出来そうです。
さらに水で洗うけれども、流水で洗う方法。農薬は水溶性と脂溶性があるため、流水でないと脂溶性の農薬は流れていかないとの事でした。
他にも野菜を煮てゆで汁を捨てる方法などがありました。

私が実際に試したのは重曹で洗う方法と、流水で洗う方法でしたが、重曹で洗う方法の科学的根拠が見つからなかったため、継続して続けているのは、流水で洗う方法です。
野菜をゆでる方法も煮物などには利用しています。

自己満足かもしれないが今後も意識して続けます

農薬を意識して調理するようになってから一年以上がたちましたが、効果というか結果はやはり目に見えていません。
だけれども、目に見えていないから逆に大丈夫なんだと思っています。
自己満足かもしれませんが、実行している調理法も手軽なので自分の安心のためにも今後も意識して続けていきます。
そして野菜を購入する際は出来るだけ農薬を使用していない野菜を購入し安全に子供に食べさせて上げられたらいいなと思っています。